HOME

会社概要

沿革

中村科学器械工業株式会社のあゆみ

2016年
10月創立80周年
2013年
3月つくば営業所を閉鎖し、首都圏営業所に併合
2011年
11月研究用品ブランドとして「GloboLab」をスタート
2007年
3月資本金を5,000万円に増資
2006年
12月中国北京市に「北京中村宇极科技有限公司」を設立
10月茨城県つくば市につくば営業所を開設
8月台湾台南縣に「台灣中村科學有限公司」を設立
2003年
1月中国西安市に西安事務所を開設
1998年
9月中村正剛 代表取締役に就任
1996年
7月中国上海市に上海事務所を開設。化学原料の輸出入を開始
1993年
5月熊本県水俣市に営業所を開設
1988年
10月フラスコ専用攪拌機(MS-8)を開発
1984年
10月磁力誘導攪拌機(マイティマグシール)を開発
1982年
8月自動温度調節器(マイティサーモ)を開発
1980年
10月岩城硝子株式会社の特約店指定を受け、硝子器具の販売を開始
9月攪拌機(マイティースターラー)を開発
1978年
1月本社を現所在地に移転
1975年
4月株式会社環境科学センターのご指導の元に、窒素定量用迅速水蒸気蒸留装置を製造、販売を開始
1959年
1月宝工業株式会社より、サーミスタ、温度計、温度調節器の 販売代理店の指定を受ける
1957年
5月株式会社日立製作所より日立モートル代理店の指定を受ける
1947年
9月中村科学器械工業株式会社に社名変更。 中村正夫 社長就任
1936年
10月中村正夫、中村和夫により、中村兄弟化学器械工業として創業

お問い合わせ

CONTACT

BACK TO TOP